FC2ブログ

はじめてのプロジェクトマネジメント - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  はじめてのプロジェクトマネジメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのプロジェクトマネジメント

はじめてのプロジェクトマネジメントはじめてのプロジェクトマネジメント

商品副データ日経文庫近藤哲生日本経済新聞出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2005年05月登録情報サイズ:新書ページ数:182pISBN:9784532110598【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、若手のプロジェクトマネジャーとチームメンバーを対象に、「プロジェクトを失敗させないために、いつ、何を考え、何を実行すればよいのか」を解説する入門書です。数多くのプロジェクトの立て直しを経験したなかで著者が見出した「プロジェクト成功の方法論」を、発足から振り返りまで順を追って丁寧に解説します。プロジェクトの成功・失敗の分岐点となる10の場面を取り上げ、「シナリオ」(ドラマ形式で状況を把握)→「解説」(その場面でどう考え、何をするべきか?)→「Step Up Point!」(陥りやすい問題点をどう回避するか?)の3ステップで、問題の本質をリアルに解き明かします。【目次】(「BOOK」データベースより)1 プロジェクトの現実を知る?プロジェクトの実情、成否の分かれ目/2 プロジェクトを立ち上げる?「成功する計画」の策定/3 プロジェクトを回転させる?メンバーのモチベーションを高め続ける/4 プロジェクトを完成させる?「パーフェクトな成功」の最終条件/5 プロジェクトを振り返る?成功スパイラルを生み出すために/Finish プロジェクトラーニング?学習するプロジェクト【著者情報】(「BOOK」データベースより)近藤哲生(コンドウテツオ)1947年愛媛県に生まれる。日立製作所の情報通信部門にて、情報・通信システム、艦船搭載システムの開発などに従事。プロジェクトマネジャーとして数多くのプロジェクト立て直しを経験する中で、成功のための独自の方法論を確立する。2002年独立し、コンサルタント会社ウィンアンドウィンを設立。経営コンサルタントとして、プロジェクトマネジメントの考え方や手法の具体化と普及に取り組んでいる。ウィンアンドウィン代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 経営> 経営戦略・管理
さらに詳しい情報はコチラ≫

[PR]楽天
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/114-9724d8c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。