FC2ブログ

戦略研究第一章その七 - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  孫子 »  戦略研究第一章その七

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略研究第一章その七

「兵は詭道(キドウ)なり」

私の大好きなくだりである。
 
戦争は所詮、だまし合いである。
できるのにできないふりをし、必要だが不必要と見せかける。遠ざかるとみせてかけて近づき、近づくと見せかけて遠ざかる。有利と思わせて誘い出し、混乱させて突き崩す。充実している敵には退いて備えを固め、強力な敵に対しては戦いを避ける。わざと挑発して消耗させ、低姿勢に出て油断を誘う。休養十分な敵は奔命に疲れさせ、団結している敵は離間をはかる。敵の手薄につけこみ、敵の意表をつく。
 これが勝利を収める秘訣である。これは、あらかじめこうだと決めてかかることはできず、たえず臨機応変の運用を心がけなければならない。


 兵ハ詭道(キドウ)ナリ。故ニ能ナルモコレニ不能ヲ示シ、用ナルモコレニ不用ヲ示シ、近クトモコレニ遠キヲ示シ、遠クトモコレニ近キヲ示シ、利ニシテコレヲ誘イ、乱ニシテコレヲ取リ、実ニシテコレニ備エ、強ニシテコレヲ避ケ、怒ニシテコレヲ撓(ミダ)シ、卑(ヒ)ニシテコレヲ驕(オゴ)ラセ、佚(イツ)ニシテコレヲ労シ、親ニシテコレヲ離ス。ソノ無備ヲ攻メ、ソノ不意ニ出ズ。コレ兵家ノ勝ニシテ、先ニハ伝ウベカラザルナリ。

相手を欺くのが戦略の全てではない。
特にビジネスの場合は己の利のみを追求し相手(顧客)を欺くようでは信用は得られない。

最高のエンディング!華麗な騙しのテクニック。

スティング スペシャル・エディションスティング スペシャル・エディション
(2005/12/23)
ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード 他

商品詳細を見る
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/13-74ed04f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。