FC2ブログ

ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて |上田 惇生 - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて |上田 惇生

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて |上田 惇生

ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めてドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて
上田 惇生
ダイヤモンド社 刊
発売日 2006-09-23




「入門」の言葉にひかれて読んでみたが 2009-08-01
ビジネスパーソンとして、ドラッカーの本は読まなければと思っていました。
しかし、難しそうなので、とりあえず入門書のこの本を読んでみました。

全部は読めず、つまみ読みしました。「入門」だから、
ドラッカーの基礎が理解できることを期待していましたが、
あまり理解できませんでした。
なぜかはよくわかりません。
それほどドラッカーの考え、功績が偉大すぎて、
簡単に解説するのは無理なのかもしれません。
それから、本の構成がすっきりしていないのが一因かも。
いろいろなことがばらばらと散らばって書かれている感じ。

ほかの方も書かれていましたが、正確には入門書ではなく、
だから読んだあともすっきりしないのかもしれません。

しかし、「第5章 何をもって憶えられたいか―
セルフマネジメントの方法論」は自分のキャリアを考える上で
感銘を受ける部分がありました。人間は自分の得意なことを
仕事にして社会貢献しなければならない。
不得意な仕事をしているほど人間はひまではない。
これは自分にずしりときました。



さらに詳しい情報はコチラ≫


ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。