FC2ブログ

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD] - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  お奨め »  機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD]

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD]
出演:内山昂輝 /藤村 歩 /下野 紘 /戸松 遥
バンダイビジュアル
発売日 2010-03-12




ラプラスの箱をめぐる攻防 2010-03-24
「地球に居る特権階級を告発する力」

「スペースノイドに目覚めよと呼びかける力」

「百年に渡る連邦の支配体制を覆す力」


私は原作未読なので「ラプラスの箱」が何なのか知りませんが劇中の台詞を聞く限りでは連邦にとっては相当都合の悪い物のようです。

物語はこのラプラスの箱をめぐりジオンの残党(ネオジオン)と連邦との間の新たな火種となり登場人物を巻き込んで行きます、とは言っても一巻はプロローグに過ぎず今後どうストーリーが進んで行くのかは解りませんが後の展開を期待せずにはいられません、だってものすご~くいいところで終わっていますから・・

作画、キャスティング、音楽が総じて高いレベルでバランスされているので約1時間、飽きる事なく視聴出来ます。
実際私はもう4~5回も見てしまいました、繰り返し見る事によって新たな発見がありとても楽しめます、こんな事はガンダムでは初めての経験、それだけ完成度が高い証拠でしょう、メカニックの描写に注目が集まりがちですがキャラも良く描けています、特にマリーダの表情には魅せられました。
半年毎のリリースと言う事で受け手側もかなりの長帳場を覚悟しなくてはならないですが焦って中途半端な物になる位なら気長に待ちたいですね。


最後にちょっと一言、お姫様が空から降って来たり、ヒロインにつれない仕草をされ屋敷を摘み出される主人公、なんかラピュタっぽいな~っと感じたのは私だけでしょうか?






さらに詳しい情報はコチラ≫


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。