FC2ブログ

ドラッカー名著集(7) - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  ドラッカー名著集(7)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッカー名著集(7)

ドラッカー名著集(7)ドラッカー名著集(7)

商品副データ断絶の時代 ピーター・ファーディナンド・ドラッカー/上田惇生ダイヤモンド社この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年07月登録情報サイズ:単行本ページ数:402pISBN:9784478000571◆P.F.ドラッカー・エターナルコレクション継続の時代の終焉−−20世紀半ば、社会と文明における根源的な変化が起こりつつあった。情報化の進展、グローバル経済の出現、知識社会の到来、多元化、そして政府の無力化。本書で予期された変化は、確かに訪れた。そして今なお、余震は続いている。変化の本質を知らなければ、未来を見誤ってしまうだろう。【内容情報】(「BOOK」データベースより)グローバル化、知識社会、多元化…時代を予期した伝説の書。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 企業家の時代(継続の時代の終わり/新産業の誕生/方法論としての企業家精神/経済政策の転換)/第2部 グローバル化の時代(経済のグローバル化/途上国の貧困/経済学の無効)/第3部 組織社会の時代(多元化した社会/多元社会の理論/政府の病い/組織社会に生きる)/第4部 知識の時代(知識経済への移行/仕事の変化/教育革命の必然/問われる知識)【著者情報】(「BOOK」データベースより)ドラッカー,P.F.(Drucker,Peter F.)1909‐2005。20世紀から21世紀にかけて経済界に最も影響力のあった経営思想家。東西冷戦の終結や知識社会の到来をいち早く知らせるとともに、「分権化」「目標管理」「民営化」「ベンチマーキング」「コアコンピタンス」など、マネジメントの主な概念と手法を生み発展させたマネジメントの父上田惇生(ウエダアツオ)ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、(財)経済広報センター常務理事、ものつくり大学教授を経て、現職。ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳。著書に『ドラッカー入門』がある。ドラッカー自身から最も親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 自己啓発> ビジネス哲学
さらに詳しい情報はコチラ≫

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/173-6c986d6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。