FC2ブログ

ドラッカー名著集(15) - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  ドラッカー名著集(15)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッカー名著集(15)

ドラッカー名著集(15)ドラッカー名著集(15)

商品副データマネジメント 下 ピーター・ファーディナンド・ドラッカー/上田惇生ダイヤモンド社この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年12月登録情報サイズ:単行本ページ数:320pISBN:9784478007839組織の規模、働く部門のいかんを問わず、組織に働く者が果たすべき役割、その方法、そして戦略のあり方を体系的にまとめた書。経営の神様、ピーター・ドラッカーの業績を後世に伝える「ドラッカー名著集」完結編。1974年、ドラッカーは本書において、独自の経営論を体系化し、ドラッカー経営学ともいうべき大著に仕上げた。本書では、トップマネジメントが果たすべき役割と課題、状況に応じて取り組むべき各種の戦略に焦点を当てている。【内容情報】(「BOOK」データベースより)組織による人間の自己実現を標榜するドラッカー経営学の集大成。【目次】(「BOOK」データベースより)第3部 マネジメントの戦略(トップマネジメントの仕事と組織/戦略と構造)【著者情報】(「BOOK」データベースより)ドラッカー,P.F.(Drucker,Peter F.)1909‐2005。20世紀から21世紀にかけて経済界に最も影響力のあった経営思想家。東西冷戦の終結や知識社会の到来をいち早く知らせるとともに、「分権化」「自己目標管理」「民営化」「ベンチマーキング」「コアコンピタンス」など、マネジメントの主な概念と手法を生み発展させたマネジメントの父上田惇生(ウエダアツオ)ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、(財)経済広報センター常務理事、ものつくり大学教授を経て、現職。ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳。ドラッカー自身から最も親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 経営> 経営学
さらに詳しい情報はコチラ≫

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/179-b300d39a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。