FC2ブログ

P・F・ドラッカー - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  P・F・ドラッカー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P・F・ドラッカー

P・F・ドラッカーP・F・ドラッカー

商品副データ理想企業を求めてエリザベス・ハース・イーダスハイム/上田惇生ダイヤモンド社この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年05月登録情報サイズ:単行本ページ数:238pISBN:9784478001165ドラッカーが亡くなる1年半前、ドラッカーから著者への執筆依頼がきっかけとなって本書は生まれた。著者はドラッカーが亡くなる直前までともに議論を重ね、同時に、ドラッカーの指導から強い影響を受けた多くの経営トップ等を直接取材して、ドラッカー思想の本質と今後の可能性を一冊にまとめた。【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、マネジメントの父とされるP.F.ドラッカー本人に依頼されて、その最晩年の1年半を独占密着インタビュー、激動の時代に向けたドラッカーからわれわれへの最後の助言の数々を引き出した労作である。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 何のためのマネジメントか/第1章 組み合わせ自在の世界/第2章 すべては顧客を理解することから始まる/第3章 イノベーションのために何を廃棄すべきか/第4章 コラボレーションが根本から発想を変える/第5章 企業は人である/第6章 意思決定が成果をあげるための方法/第7章 21世紀の経営における最大の問題【著者情報】(「BOOK」データベースより)イーダスハイム,エリザベス・ハース(Edersheim,Elizabeth Haas)大企業と機関投資家を主たるクライアントとする経営戦略コンサルタント。マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号(ORおよびIE専攻)取得後、マッキンゼー社にコンサルタントとして参加。同社で女性初のパートナーをつとめた後、ニューヨーク・コンサルティング・パートナーズを設立して経営。現在独立して活躍中上田惇生(ウエダアツオ)ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連会長秘書、国際経済部次長、広報部長、(財)経済広報センター常務理事、ものつくり大学教授(社会論、マネジメント論)を経て、現職。ドラッカー学会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 自己啓発> ビジネス哲学
さらに詳しい情報はコチラ≫

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/181-1ea0b561

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。