FC2ブログ

渋沢栄一「論語」の読み方 - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  渋沢栄一「論語」の読み方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋沢栄一「論語」の読み方

渋沢栄一「論語」の読み方渋沢栄一「論語」の読み方

渋沢栄一/竹内均三笠書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2004年10月登録情報サイズ:単行本ページ数:329pISBN:9784837921202『孔子 人間、一生の心得』『孔子 人間、どこまで大きくなれるか』再編集改題書【内容情報】(「BOOK」データベースより)孔子の生き方、つまり「論語」のエキスをそのまま日常生活、仕事に応用して成功した代表が、渋沢栄一である。「論語」をなめるように読み、実践していったのである。人生への取り組み方、自分の長所を磨き育てる工夫、そしていい人間関係の築き方など、この本との“対話”には、面白い感動的な発見がある。【目次】(「BOOK」データベースより)学而篇—人生いちばんの楽しみをどこに求めるか/為政篇—心に“北極星”を抱く人の生き方/八〓(いつ)篇—自分の資質にさらに磨きをかける/里仁篇—この心意気、この覚悟が人生の道を開く/公冶長篇—“一時の恥”にこだわって自分を小さくするな/雍也篇—成功のカギ「先憂後楽」の生き方/述而篇—これぞ沈勇、大勇の人/泰伯篇—孔子の恐ろしいまでの“現実主義”/子罕・先進篇—男子一生の“本懐”をどこに求めるか/顔淵・子路篇—ともに生きるに足る友、切り捨てる友/憲問篇—自分への“厳しさ”に自信がもてるか/衛霊公・李氏・陽貨・子張篇—孔子流の最高の“自己実現”法【著者情報】(「BOOK」データベースより)渋沢栄一(シブサワエイイチ)現在の埼玉県深谷市の豪農に生まれる。幕末の動乱期には尊皇攘夷論に傾倒、のちに一橋家に仕える。欧州各地を視察して帰国後、大蔵省租税司、大蔵権大丞を歴任。辞職後は実業に専心し、第一国立銀行(第一勧業銀行の前身)の創設をはじめ、実業界の第一線から退くまで500あまりの会社を設立、資本主義的経営の確立に大いに貢献した。晩年は社会・教育・文化事業に力を注ぎ、東京高等商業(現一橋大学)等の設立を斡旋し、東京市養育院等の各種社会事業にも広く関係した竹内均(タケウチヒトシ)福井県に生まれる。東京大学名誉教授。理学博士。地球物理学の世界的権威。科学雑誌『ニュートン』の編集長として、また多くの著書、テレビ放送等を通し、青少年の科学啓蒙に情熱をかたむけるかたわら、「人生の幸福」について探究を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > 人文・思想・社会> 哲学・思想> 東洋思想
さらに詳しい情報はコチラ≫

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/184-45c237db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。