FC2ブログ

戦略研究第二章その二 - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  孫子 »  戦略研究第二章その二

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略研究第二章その二

 兵は拙速を聞くも未だ巧久なるは睹(み)ざるなり。

 兵は戦争のことで兵士ではない。
よくスポーツで「敗軍の将、兵を語らず」と負けた監督が選手を指して使うのは間違い。
敗れた将が戦争を語る資格などないと自ら戒めているのである。

戦争には莫大資金が必要であるから短期決戦で勝負を決めなければならない。
まずい作戦でも短期決戦であれば勝つが、たとえ優れていても長期戦にもつれ込んで勝ったことなど見たことがないと説く。

荒っぽいが戦争を仕掛けて利益を得なければ意味がない。
ここでも戦争は最終経済であると高度な政治判断が必要であると説いている。


 ソノ戦イヲ用ウルヤ、勝ツモ久シケレバ、則(スナワ)チ兵ヲ鈍(ニブ)ラシ鋭ヲ挫(クジ)ク。城ヲ攻ムレバ則チ力屈ス。久シク師ヲ暴(サラ)サバ則チ国用足ラズ。
 ソレ兵ヲ鈍ラシ鋭ヲ挫キ、力ヲ屈シ貨ヲ殫(ツ)クサバ、則チ諸侯、ソノ弊ニ乗ジテ起コラン。智者アリトイエドモ、ソノ後ヲ善(ヨ)クスルコト能(アタ)ワズ。
 故ニ兵ハ拙速(セツソク)ヲ聞クモ、イマダ巧ノ久シキヲ睹(ミ)ザルナリ。ソレ兵久シクシテ国利アルハ、イマダコレアラザルナリ。故ニ尽(コトゴト)ク用兵ノ害ヲ知ラザレバ、則チ尽ク用兵ノ利ヲ知ルコト能ワザルナリ。

ビジネスで言えば、市場に投入した新商品の回転率を高めて早期に資金を回収することが肝要といったところか。





国内で一番使用されてる業務ソフト!
弥生会計シリーズ特価販売



ブログランキングバナー

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/20-fada7ade

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。