FC2ブログ

日本人なら知っておきたい神道 - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  日本人なら知っておきたい神道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人なら知っておきたい神道

日本人なら知っておきたい神道日本人なら知っておきたい神道

商品副データ神道から日本の歴史を読む方法Kawade夢新書武光誠河出書房新社この著者の新着メールを登録する発行年月:2003年07月登録情報サイズ:新書ページ数:217pISBN:9784309502717【内容情報】(「BOOK」データベースより)しきたり、風習、そして、ものの感じ方…私たちの生活には、神道が広く関わっている。また、神社の存在や冠婚葬祭、年中行事は、神とともに生きてきた日本人の心を物語るものである。古代以来、日本は何ゆえに神道を必要とし、後世に伝えてきたのか?知られざる“この国の原点”がみえてくる。【目次】(「BOOK」データベースより)プロローグ “神道”を知らずして日本と日本人は見えてこない/1章 神道とは何か—“神の国”はいかに誕生し、根づいてきたか/2章 神々についての知識—日本人の中に生きる“八百万の神”の系譜/3章 時代と共に変わる神道—様々な宗教を受け入れる神道の懐の深さ/4章 神道が日本史に与えた影響—朝廷成立、尊王攘夷…神道が果たした役割とは/5章 さまざまある神社の約束—建物、神職、穢れと祓い…神が降りる地の神秘/6章 神の祭られ方、拝まれ方—祭祀と参拝に込められた知られざる意味とは/7章 冠婚葬祭と年中行事の中の神道—死とは何か?生とは何か?神道の行事が教えるもの【著者情報】(「BOOK」データベースより)武光誠(タケミツマコト)1950年、山口県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学院博士課程修了。現在、明治学院大学教授。専攻は日本古代史。歴史哲学。比較文化的視野を用いた幅広い観点から日本の思想・文化の研究に取り組む一方、飽くなき探究心で広範な分野にわたる執筆活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > 人文・思想・社会> 宗教・倫理> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/219-454b4143

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。