FC2ブログ

なぜ、あの会社は儲かるのか? - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  なぜ、あの会社は儲かるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、あの会社は儲かるのか?

なぜ、あの会社は儲かるのか?なぜ、あの会社は儲かるのか?

山田英夫/山根節日本経済新聞出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2006年08月登録情報サイズ:単行本ページ数:237pISBN:9784532312961値ごろ感のユニクロと高級路線の伊勢丹。稼ぎ上手はどっちだ? 誰もが知っているあの会社の戦略が、どうやってお金に結び付いているのかを読み解く。経営戦略と会計学がドッキングした2倍おいしいビジネス解説書。【プロローグ】1章 差別化、高級路線は儲かるのか?    ——帝国ホテルと東横インの利益率の怪!2章 あんなに安売りして儲かるの?    ——「損して得とれ」で稼ぐドコモとキヤノン3章 ポイントで得する会社、苦しむ会社    ——笑うANAと悩める百貨店4章 製品の寿命は会社の寿命?    ——本業を失った吉野家、富士写真フイルムの対応5章 なぜ、赤字会社が黒字会社を買える?    ——急成長A社が堅実B社をM&Aできる理由6章 稼いだ利益を何に変えるべきか?    ——不動産を買った阪急、キャッシュのままの任天堂エピローグ【内容情報】(「BOOK」データベースより)値ごろのユニクロ高級の伊勢丹稼ぎ上手はどっちだ?マイレージとポイント得したのはANA?ヤマダ電機?デジタル家電の勝ち組キヤノンと松下の違いは何?誰でも知っている「あの会社」の儲けの仕組みを、会計と経営戦略のセンセイがやさしく解き明かす。【目次】(「BOOK」データベースより)1章 差別化、高級路線は儲かるのか?—帝国ホテルと東横インの利益率の怪!/2章 あんなに安売りして儲かるの?—「損して得とれ」で稼ぐドコモとキヤノン/3章 ポイントで得する会社、苦しむ会社—笑うANAと悩める百貨店/4章 製品の寿命は会社の寿命?—本業を失った吉野家、富士写真フイルムの対応/5章 なぜ、赤字会社が黒字会社を買える?—急成長A社が堅実B社をM&Aできる理由/6章 稼いだ利益を何に変えるべきか?—不動産を買った阪急、キャッシュのままの任天堂【著者情報】(「BOOK」データベースより)山田英夫(ヤマダヒデオ)1955年東京都出身。慶應義塾大学文学部卒。同大学大学院経営管理研究科修了。(株)三菱総合研究所などを経て、早稲田大学ビジネススクール教授。学術博士(早稲田大学)山根節(ヤマネタカシ)1949年東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。(監)トーマツなどを経て、慶應義塾大学ビジネススクール教授。商学博士(慶應義塾大学)。公認会計士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 経営> 経営戦略・管理
さらに詳しい情報はコチラ≫

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/277-adfb7750

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。