FC2ブログ

戦略研究第三章そのニ - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  孫子 »  戦略研究第三章そのニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略研究第三章そのニ

 久しぶりの孫氏の兵法。
本日は、謀攻篇ノニ、「上兵は謀(ぼう)を伐(う)つ」より。

 故ニ上兵ハ謀(ボウ)ヲ伐(ウ)ツ。ソノ次ハ交(コウ)ヲ伐ツ。ソノ次ハ兵ヲ伐ツ。ソノ下(ゲ)ハ城ヲ攻ム。城ヲ攻ムルノ法ハ、已(ヤ)ムヲ得ザルガタメナリ。
 櫓(ロ)、轒轀(フンオン)ヲ修メ、器械ヲ具(ソナ)ウ。三月ニシテ後ニ成ル。距闉(キヨイン)マタ三月ニシテ後ニ已ム。将ソノ忿(イカ)リニ勝(タ)エズシテ蟻附(ギフ)セシメ、士ヲ殺スコト三分ノ一ニシテ、城抜ケザルハ、コレ攻の災(ワザワ)イナリ。

 最高の戦い方は、敵の策謀を見破って未然に封じることである。次は敵の同盟関係を絶ち孤立させること。次が戦火を交えること。そして最低の策は城攻めに訴えることである。城攻めはやむなく用いる最後の手段にすぎない。
 城攻めを行おうとすれば、城攻めに必要な攻機械などを用意するのに、三ヶ月もかかる。城壁に登るための土塁を築くにも三ヶ月を必要とする。そのうえも血気はやる将軍が、兵士を蟻の様に城壁にとりつかせて城攻めを強行すれば、どうなるか。兵力の3分の1を失ったとしても落とすことはできない。これが城攻めの恐ろしいところである。

敵の目的を阻止し戦意を喪失させることが上策である。
相手にダメージを与えることを目的とすれば自軍にも相応のダメージを受けるといったところか。






簡単情報起業マニュアル


↓お約束☆ねっ。

 


ブログランキングバナー





ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/28-1f669fd4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。