FC2ブログ

知の巨人ドラッカー自伝 - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  知の巨人ドラッカー自伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知の巨人ドラッカー自伝

知の巨人ドラッカー自伝知の巨人ドラッカー自伝

商品副データ日経ビジネス人文庫ピーター・ファーディナンド・ドラッカー/牧野洋日本経済新聞出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年07月登録情報サイズ:文庫ページ数:249pISBN:9784532195038『ドラッカー 二十世紀を生きて』改題書マネジメントの父 ドラッカー特集【内容情報】(「BOOK」データベースより)「マネジメントの発明者」が語るわが人生と経営の原点。波瀾万丈の人生とマネジメント秘話。【目次】(「BOOK」データベースより)基本は文筆家─95歳でも現役/生まれは帝都ウィーン─4歳の夏に第一次世界大戦/世界で最も優しい父─シュンペーターに救いの手/フロイトと握手する─顔広い両親/最高の教師との出会い─8歳で学ぶ喜び知る/赤旗デモに誘われ先頭に─「場違い」と感じる/退屈なウィーンを脱出─図書館で「大学教育」/大恐慌で記者の道─初日から編集長に怒鳴られる/ヒトラーに直接取材─ファシズムの本質見る/ナチス突撃隊─心臓が止まる思い〔ほか〕【著者情報】(「BOOK」データベースより)ドラッカー,ピーター・F.(Drucker,Peter F.)20世紀を代表する知の巨人。1909年に帝都ウィーンで生まれる。ナチスドイツに追われ、39年に米国移住。GMのコンサルタントを引き受けるなどで、「マネジメントの発明者」との評価を確立。49年から22年間ニューヨーク大学教授、71年から2005年に死亡するまでクレアモント大学院ドラッカースクール教授。95年間の生涯で30冊以上の著作を発表牧野洋(マキノヨウ)米国在住のジャーナリスト兼翻訳家。1983年、慶應大学経済学部卒業。88年、米コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクール卒業(修士号)。日本経済新聞社でニューヨーク駐在や編集委員を歴任し、2007年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > 人文・思想・社会> 歴史> 伝記(外国)
さらに詳しい情報はコチラ≫

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/332-ce8dd299

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。