FC2ブログ

2019年までの黄金の投資戦略 - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  2019年までの黄金の投資戦略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2019年までの黄金の投資戦略

2019年までの黄金の投資戦略2019年までの黄金の投資戦略

商品副データ「10年大局観」で読む若林栄四日本実業出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年02月登録情報サイズ:単行本ページ数:246pISBN:9784534045096不況を生き抜く知恵を身につけよ!●2009年以降の世界経済、景気、相場はどうなるのか?サブプライムローンショック以降、世界的な株式市場の大暴落、為替市場の大変動など「100年に一度」ともいわれる相場の激変が続くなか、絶好の買い場なのか、それとも大恐慌への入り口なのか、今後の行方に注目が集まっています。●カリスマ為替ディーラー・若林栄四が独自の視点からズバリ予測東京銀行時代には為替市場のマッドドッグの異名をとり、独立後も大胆な分析とトレーディングによって、内外の投資家に絶大な人気を誇っている若林栄四氏が、黄金分割やエリオット波動を駆使した独自の「10年大局観」によって今後の相場見通しをズバリ予測します。●2011〜2013年に62年に一度の買いの大チャンスが来る!前著『黄金の相場学』(講談社、2004年)やその後の講演などにおいて、2008年の大暴落、大円高のタイミングをピタリと予測してきた若林氏が、次なる大転換点として2011〜2013年に注目。日本市場と米国市場はいかにして大底をつけ、反騰に転ずるのか。大胆かつ明確に示します!【内容情報】(「BOOK」データベースより)2009年〜2019年までの「投資ロードマップ」を経済情勢とチャート分析から具体的に指南。【目次】(「BOOK」データベースより)プロローグ/第1章 サブプライム後の米国経済の行方/第2章 半端な通貨ユーロを抱えた欧州経済は没落する/第3章 日本が突き進むインフレへの道/第4章 コモディティ価格の動向を読む/第5章 これからの黄金の投資戦略/第6章 相場学入門【著者情報】(「BOOK」データベースより)若林栄四(ワカバヤシエイシ)1966年、京都大学法学部卒業。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。同行シンガポール支店為替課長、本店為替資金部課長、ニューヨーク支店次長を経て、1987年、勧角証券(アメリカ)執行副社長。1996年末退職。現在、米国(ニューヨーク)に在住。日本では外国為替コンサルタント会社である(株)ワカバヤシエフエックスアソシエイツの代表取締役を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 株・資金運用
さらに詳しい情報はコチラ≫

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/337-f01c01ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。