FC2ブログ

戦略研究第三章その五 - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  孫子 »  戦略研究第三章その五

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略研究第三章その五

孫子の兵法、謀攻篇

 ソレ将ハ国ノ輔(ホ)なり。輔周(シュウ)ナレバ則(スナワ)チ国必ズ強ク、輔隙(ゲキ)アレバ、則チ国必ズ弱シ。故ニ君ノ軍ニ患(ウレ)ウル所以(ユエン)ノモノニ。三アリ。
 軍ノ以ッテ進ムベカラザルヲ知ラズシテ、コレニ進メト謂(イ)イ、軍ノ以ッテ退クベカラザルヲ知シラズシテ、コレニ退けケト謂ウ。コレヲ軍ヲ糜(ビ)スト謂ウ。
 三軍ノ事ヲ知ラズシテ三軍ノ政ヲ同ジクスレバ、則チ軍士惑(マド)ウ。
 三軍ノ権ヲ知ラズシテ三軍ノ任ヲ同ジクスレバ、則チ軍士疑ウ。三軍スデニ惑イ且ツ疑ワバ、則チ諸侯ノ難至ル。コレヲ軍ヲ乱シ勝ヲ引クト謂ウ。

 将軍は君主の補佐役である。補佐役と君主の関係が親密であれば、国は必ず強大になる。補佐役と君主の関係が親密さを欠けば、国は弱体化する。
 それ故に君主がよけいな口出しをすれば、軍を危機に追込みまねない。それには三つの場合がある。
 進むべきときではないのに進撃を命じ、退くべきときでないのに退却を命じる。これでは軍の行動に、手かせ足かせをはめるようなものである。
 軍内部の実情を知りもしないで軍政に干渉すれば、軍内部を混乱に陥れてしまう。
指揮系統を無視して、軍令に干渉すれば、軍内部に不信感を植え付けてしまう。
君主自ら軍内部に混乱や不信感を与えてたとなれば、その機に乗じて他国に攻め込まれる。
 君主のよけいな口出しは、まさに自殺行為にほかならない。

人の集団においては得てして権力というものが発生する。
軍隊でも企業でも人の集団である組織である以上同じである。
トップと補佐役、最高責任者と現場責任者の関係においてどこまで権限を委譲し、どこまで責任を取らせるかの問題である。

 トップというものは常に自分が全体を掌握しなければならないと誤解する。

 朝令暮改は、よいことだと最初の指示が末端までいかないうちに別の異なる指示を出せば組織には二つの指示が存在することになり秩序は乱れる。

 部下の諫言を聞くと称して権力に擦り寄る部下の讒言を見抜けなければ他の構成員の心にトップへの不信感が芽生える。


電脳の力を借りれば誰でも情報収集、情報発信ができるようになった。
世はまさに「内部告発」の時代。
組織の中で「人の心」を核とした新しい情報収集、情報発信のルールを作らなければいけない時代になったのかもしれない。

告発の行方告発の行方
(2006/11/02)
ジョディ・フォスター、ケリー・マクギリス 他

商品詳細を見る





いつも応援ありがとうございます!

パルコのファッション通販サイト

ベッド 通販 募金 NGO ボランティア

初詣ならアイエム 

ブログランキングバナー
給料日前の強力助っ人!カードローンを価格.comで徹底比較

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

お久しで~す。
メリークリスマス!!o(*^▽^*)o
遅い??w

ブログランキング14個も貼ってた時期があったんですよ。
1位をずっとキープできてたのもあるし、だいたい10位以内くらいで維持してたんですが、全然ダメでしたw
アクセス来ない!!
ってことで、ユーザーの質の高い、人気ブログランキングとブログ村に絞ることにしたんですよー。

今日も応援(*'-')σ

2007-12-27 21:22 | from ツミコ

ツミコさん、

遅い!(笑)
いつもありがとう。
なるほど。
人気ブログランキングとブログ村ね。
王道ですね。

2007-12-27 22:57 | from oyaji11

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/34-653bd568

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。