FC2ブログ

勘違いだらけの通説世界の食文化 - 煩悩戦略研究所

煩悩戦略研究所 ホーム  »  スポンサー広告 »  未分類 »  勘違いだらけの通説世界の食文化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘違いだらけの通説世界の食文化

勘違いだらけの通説世界の食文化勘違いだらけの通説世界の食文化

商品副データリイド文庫巨椋修リイド社この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年09月登録情報サイズ:文庫ページ数:253pISBN:9784845837519【内容情報】(「BOOK」データベースより)ジャガイモがヨーロッパ人の貧困を救った、日本料理を圧迫し続けた武士階級、囲炉裏の損得、フランス人は18世紀まで手づかみで食べていた、在日韓国人が生んだ焼肉─ムダ知識だけど為になるうんちく満載。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 世界の料理が変わった!(世界の料理を変えた新大陸発見!/名前でどこからきた野菜かがわかる? ほか)/第2章 日本おもしろ食文化(個人用の箸と茶碗を分ける食文化/割り箸にみる穢れの思想 ほか)/第3章 日本人、肉を食う(牛肉が食べられなかった日本人/天皇、肉を食す ほか)/第4章 タブーの料理史(人類最大のタブー/人はどんなときに人を食うか? ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)巨椋修(オグラオサム)1961年、兵庫県神戸市出身。漫画家、小説家、映画監督、総合格闘家(陽明門護身挙法師範)、そして、不登校・ひきこもり・ニートを考えるインターネット映像放送局『FHN放送局』主宰と、ニートのためのインターネットラジオ局『オールニートニッポン』パーソナリティーなどなど多様な分野で活躍しているマルチ人間(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > 人文・思想・社会> 民俗> 風俗・習慣
さらに詳しい情報はコチラ≫

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://oyaji11.blog123.fc2.com/tb.php/388-64a63761

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。